読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のお気に入りのもの

「私のお気に入りの京都」「私のお気に入りの部屋」など「私」が展開する「私のお気に入り」シリーズの総本山。京都のことも書きますが、基本雑記です

【京都】御朱印帳を購入する際に見るべき3ポイント

f:id:katochinkun:20160104093558j:plain

「ながーいお付き合い」で有名な某銀行とどっちが長いのだろうと思うくらい長いです。とっても長い2年ほど前の御朱印帳を紹介いたします。

f:id:katochinkun:20160104093620j:plain

こういった感じで伸びるタイプの物をしようしていました。

サイズはおおよそはがきサイズのため、携帯には便利でした。

購入先は、小野門跡とも呼ばれる隋心院です。

f:id:katochinkun:20160104094201j:plain

裏面には、小倉百人一首小野小町が詠んだ詩として有名な「花の色は・・・」が書いてあります。

 

f:id:katochinkun:20160104093558j:plain

2年ほど経過していますが、全く色あせていません。

それどころか、ますます深みを増しているのでは?と思うくらい字がくっきり見えています。

 

朱印帳で重要なのは「紙の質」と「携帯性」ではないかなと思っています。

 

1.紙の質について

こちらの御朱印帳は、「クリーム色」の和紙になっており、目に優しいです。光の下で見ても極端にまぶしくなく、文句ない出来だと思います。

 

2.1ページ1つ

また、裏移りなども気にしなくていいのが、利点です。墨の大小で、どうしてもにじみが出てきてしまうため、こういった「1ページ 1つ」書いていくことをお勧めします。

 

3.ビニールの御朱印帳カバー

f:id:katochinkun:20160104094201j:plain

 

ビニールのカバーがあるとお勧めです。袋などに入れるとかさばるため、こういった専用のビニールカバーがついてあると不用意に開かず、雨でにじんだりしないためお勧めです。

 

 最近では、突然雨が降ることも多いため、離れや寺院を巡っている途中で雨が降る環境が多い京都では、必須かもしれません。また、字移りしないように「はさむ紙」もついてくることが多いのですが、ビニールで閉じるカバーの場合、不用意に落とすこともないため、個人的には重要なポイントになっています。

 

終わり

 

↓下のスターをクリックしていただけるとちょっと喜んじゃいます。はてなブックマークとかシェアはもっと喜んじゃいます。